最新情報

2015-06-14 21:38:00
『寝グセ』 髪が長くても
短くてもつきまとう問題…
 
 
 
誰でも一度は
経験したことがあると思います^^;
 
 
 
 
寝癖をつかなくする!?正直なところ…
 
 
 
んぅ……
 
 
難しいなぁ…σ(^_^;)
 
 
 
 
完全に寝癖を
 
付かなくすることは困難だけど
 
クセをつきにくくする方法がある!!
(ご存知の方も多いと思いますが…)
 
 
 
それは
『ドライヤーを
使ってしっかりと乾かすこと!!!!!』
 
 
 
髪は濡れていたり
 
湿っている状態から
 
乾いた(乾燥した)ときに
 
形がついてしまうため
 
寝る時点では
 
乾いていた方が
 
断然髪にクセや跡がつきにくくなります。
 
 
 
 
クセがつく他にも
 
雑菌が繁殖し
 
頭皮トラブルになったり
 
臭いが出たり
 
 
また、水分を含んでいる髪は
 
とてもデリケートな状態でもあるため
 
 
ダメージに繋がるという
デメリットもあります。
 
 
 
 
 
しっかり乾かすということは
 
寝癖と上手く付き合う最良法!
 
 
 
 
 
~~寝グセを直す勘違いポイント~~~
 
 
寝癖を直すとき
 
ハネている毛先に注目しがち!!
 
 
 
一生懸命はねている箇所を
 
水で濡らしたりすると思いますが
 
時間かかりません?(-"-;A
 
 
時間が経つと先ははねてきません?(゚_゚i)
 
 
部分だけを直そうとしても
 
 
根本の寝癖退治には
なっていないのです…(>_<)
 


 
~寝癖は根本まで濡らさないと意味がない~
 
 
美容室での仕上がりや
 
自宅での洗髪ドライ後は
 
自然な感じで
 
おさまりがいいのは
 
根本の状態が均一に起きているから。

 
 
でも寝癖が付いてしまうと
 
根本がつぶれてしまい
 
毛先の方向性が
 
バラバラでおさまりが悪くなるのです。
 
 
短いヘアスタイルに
 
なればなるほど
 
根本の立ち上がりは重要です!!
 
 
 
水で濡らしたり
 
寝癖直しミストや蒸しタオルなど
 
色々な方法がある思いますが、
 
 
一番のおすすめは
 
お湯で根本まで
 
しっかりと濡らすこと!!!
 
 
これに尽きますね(o^-')b