最新情報

2015-02-12 23:08:00
これから髪を伸ばしていこうと考えの方に…
 
短く切ることは
 
ドキドキしたり楽しみだったり
 
するものですが(*^.^*)
 
伸ばすのって
どうしても時間がかかるもので
色々とお悩みとき…
 
伸ばす過程で
まずぶち当たる壁が髪のおさまり。
 
 
 
髪質は十人十色だから悩みも人それぞれなの。
 
肩に当たりはねたり…
 
クセが暴れだしたり…
 
ハチ部分が膨れたり…
 
 
などなど色々と…
 
 
 
髪を伸ばしていく過程で、
 
できるだけ
 
ストレス無く伸ばしていきたいものですよね^^
 
はねる部分を曲げたり!!! クセを整えたり!!!
 
嫌な部分や不細工に思う部分を
 
解消することが出来れば、
 
髪を伸ばす過程も苦ではなくなると思います。
 
 
 
 
~スタイルのマンネリは前髪に変化を~
 
ヘアデザインの変化って
大幅に長さを
切ることだけではないと思います。
 
 
前髪・顔周りは
 
マイナーチェンジからガラッと
 
イメチェンまでふり幅が広い部分です。
 
 
 
この部分を少し変えるだけで顔の印象は変わりますし
 
たとえ回りに気付かれない程度の変化だとしても
 
毎日見ている自分の顔に
 
ちょっとした変化をもてるはずです☆
 

 

 
前髪はかなり有効だと思います^^
 
~ダメージも気をつけなくてはいけない~
 
ヘアスタイルは楽しむものですが、
 
一つ気をつけないといけないのが
 
髪のダメージです∑(゚Д゚)
 
 
やっと希望の長さに伸びたけど、
 
バサバサでは残念ですよね…
 
 

 

伸ばし・ふんわり柔らかなパーマをしたい!!!!
 
 
ロングで綺麗なストレートヘアにしたいと思っても、
 
髪の毛自体がそれに対応できず、
 
キャパオーバーになればさらに状態は
 
 
悪化する当然ですから気をつけないとね…
 
 
髪を伸ばしていこうという
考えならホームカラーは邪道です^^;
 
 
 
 
~ダメージを考えて~
 
 
いくら優しい薬とは言えど、
 
髪の毛からすればいじめてくる存在。
 
 
 
カラーパーマをやればやるほど
 
髪の余力を奪っていくので
 
カラーや矯正は髪が伸びてきた部分だけ
 
施術する「リタッチ」がおすすめです^^
 
 
 
 
必要なところに
 
必要な分だけ!?
 
 
 
 
自宅でのアイロンやコテのセットは
 
控えてもらいたいが
 
使用する際は
 
温度を出来るだけ低く使う
 
気配りも大切なことです。
 
 
また髪を大切にするあまり、
 
過剰なトリートメントはかえって
 
髪を傷める事になるので!!!!!
 
 
この辺も注意が必要だから
 
信頼の出来る美容師さんに相談してください。
 
 
人によって髪質・クセ・状態・求めるものは
 
バラバラですから一概には言えません。


あくまでも
髪を伸ばしていくための
一つの考えです。
 
でも知っておくと幅も広がるし、
 
伸ばす事だって
 
楽しむことが出来ると思います( ´艸`)