最新情報

2015-02-05 23:57:00
髪がカラーやパーマをしたとき(ケミカルダメージを受けたとき)

髪の中に空洞ができ洗髪の際、その空洞に水が多く入り込み、
過剰に髪が膨らみます。
 
健常毛は疎水性といい

水と油のバランスがとれた状態で、

いわば子供の髪の毛!!!!

 
ダメージを受けた髪は、親水性と傾き髪が水と仲良くなった状態。
 
乾きにくくなるのはこのせいですね…
 
髪の中身がなくなってスカスカしてますから
当然強度が弱くなり引っ張ると伸びちゃう…


髪は自己再生しませんから、外から何かを加えて
髪の中の空洞部分を擬似的に埋める作業をして見ます。


今回使うのは「ハナヘナ」!!!!


まずはダメージホールを作るためブリーチします。

 
水や脂質のバランスが悪くなって

毛羽立ちやパサつきが目立ちます。
今回は穴埋め重視ですのでナチュラルのみの検証です。

 
一回目!!!!自然40分
流して トリートメント 自然乾燥

 
二回目!!!!自然40分
流して トリートメント 自然乾燥

 
三回目!!!自然40分
流して トリートメント 自然乾燥

 
3回目で毛先の毛羽立ちも落ち着いてきた( ´艸`)
 
気のせいかもしれませんが、
 
ハリコシもでた?しっかりとした感じまた!?!?

 
☆しっとりとした感じがします☆

 
髪の中がどれくらいの割合で穴が空いているのか?

どれくらい埋めれたかは

髪の中を覗けたわけではないから

数字などで明確にはできませんが…
 
結果的に髪が落ち着いたのはわかると思います。
 
穴埋めはケラチン類やヘナ(タンニン)・樹脂などがありますが、
 
どれが良くて、どれが悪いとかは全くありません。

 
よさもそれぞれあると思うし
美容師さんの好みもありますから…

またヘナが髪の補強にいいからといって

過剰な回数をやっても

かえって逆効果になり

ごわごわになると思います((゚m゚;)


濃度や回数もバランスですので!!!!
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10