最新情報

2015-01-18 00:00:00
今日営業中に
一通のDMがお店に届いたの。

否定するつもりはありませんし
誤解を招くといけませんので
DM画像は伏せておきますね^^;


内容は
 
今使っているトリートメント剤(髪を補修するもので)、
本当に髪が治りましたか?

と…
何々と興味をひくような見出しです…

仕上がった髪が

ツルツルぴかぴかです…

どんなもんか営業後、じっくりと読ませてもらうと




 
内容はふんわりとした感じで、
解説も根拠がはっきりとしていないの^^;


見出し・写真を見て、
『傷んだ髪が治ってる!?』
って思い飛びつくのは
どうなんだろうか?

 
どんなものを使って!!!

どうなっていてどうなるのか???

そのものを提供する側として
最低限知らなきゃいけないと思う。

むしろ知ってなきゃいかんでしょ!?
 
何かわからないものを
お客さんに使うなんて怖いものはない…
 

犠牲になったお客さんは迷惑極まりないしね。

情報が多いだけに混乱を招くと思う。
 
でも商品の内容成分をみたり、

商品や技術の根拠をみたりきいたりと

 
プロとして
最低限の責任を持って判断しないとね。

商品がいいとか悪いとかではなくて、

メーカーやディーラーに

美容師が振り回されないようにして!!!


技術や商品の自分なりの

判断基準つけないといけないなと思う。
 
自分としては
傷んだ髪は


なんだかの形で

ダメージホールの穴埋めをするか、

切るかの選択と考えてます^^
 
 
髪は自己再生もしなければ、

髪にいい成分(栄養剤)と

呼ばれているものと、

同化することは無いと思っており

 
『髪が治る』ということは
ないと思っています。

 
なので今回のDM商品は不採用です(笑)

しかし、いろんな意味で凄いDMだったな…