最新情報

2014-09-13 21:00:00
カラーしてパーマして、さらに明るくしたいからブリーチして
今度は真っ直ぐにして…
 
自宅では毎日アイロンやコテ・ブローもしっかりするなどなど…
 
 
美容師だったら髪へのリスクが
想像できるからゾッとするはず!!!!!!!
 
でもお客さんたちって習慣だから?!
 
髪にダメージを与えている感覚はなく
毎日、自分を鏡で見ていると…
 
 
髪の状態は傷んでいない!と思い込んだり。
 
比べるものがないため、感覚が麻痺して
普通にカラーやパーマ等何でもできると思ってしまう…
 

 

カラーやパーマ・矯正をする上で髪の中のタンパク質、脂質や
 
水分(髪の余力)が必要なんだけど
 
薬を使うことによりこれらが、徐々に外にでていってしまうの。
 
 
そのため、髪の中は穴(ダメージホール)ができてしまい
 
また、施術を繰り返すことにより
穴の範囲は…どんどん広がっていく。
 
 
タンパク質・脂質がどんどん減少してしまうため
髪の中は空っぽになっていき
 
カラーパーマ矯正の薬が反応しなくなり
いずれは施術が不可能になってしまうのです…
 

そう、髪の余力が確実に削られていくので、
出来る施術の幅は確実に狭まっているの!
 
 
当たり前のことですが、
「薬をつけた分、髪は確実に傷んでいっています!」
 
 
だからホームカラーやホームストレートパーマは
出来るだけしないでほしい^^;!!!
 
 
営業で髪の余力を確認する際
 
髪の中をのぞけるわけではないので、明確ではないが…
 
 
髪を触ったり・水で濡らしたり!!
 
ストランドチェック(薬の反応を見る)をしてみたり!!
 
培った経験と指先の感覚で基準値を出し判断していく。
 
 
 
過剰なトリートメントの皮膜などにも
 
惑わされないように、美容師も客観的にみています!
 
 
のはず…^^;
 
 
傷んだ髪は
元の健康毛には残念だが、
今のところ元には戻らないです…
 
 
それは髪が自己再生できない
死滅細胞だから!
 
 
 
一度ダメージホール・穴が空いた髪を擬似的に埋めて
一時的に処置することは出来ても

 

復活したり治るなんて事はないんです…
 
 
 
度重なるダメージの蓄積で、(ハイダメージ毛)場合の
 
一番の対処法は「カットすること!!」
 

 

それが一番リスクが少なく、最短で解決します。
 
 
又は、訳あって切ることができなかったり、
どうしても切ることに抵抗がある方には
 
 
ハイリスク覚悟のうえ、ビビリ毛修繕を
 
行うこともありますが、正直おすすめではないの…

とどめを刺しかねませんからね^^;
 
 
 
例えビビリ毛を上手く誤魔化せても
 
調子がいいからといって、
 
ホームカラーすれば
 
再発する可能性は大いにあり!!!
 
 
それをまた修正かけると
更なるリスクがあることは
言うまでもないですね^^;
 
 
 
素人のお客さんが錯覚をするのはまだわかりますが!!!
 
 
 
プロである美容師が
 
「このパーマは傷みません」
 
「自然派のカラーなので安心です」
 
「サロントリートメントを
 
やった分だけ髪がよくなります」
 
 
 
と勘違いしてお客さんに、しわ寄せが来ることもありますね。
 
一番怖いのは美容師も錯覚に陥らないようにしないとね…
 
*アメブロでも記事を紹介しています http://ameblo.jp/red-nose0307 ⇔クリックしてね!!!