最新情報

2014-09-11 21:00:00
 
↓まずはこちらを読んでいただいてから↓
 
 
 
 
↑よんで頂いたら、つづきをどうぞ↓
 
本来の髪は「疎水性」で水をはじく性質です。

 

「疎水」ってなに??

小さい子供がいる方は、わかると思いますが…

髪を濡らしたり洗ったりすると

キュッとした感じで!!滑りが悪く!?

きしんだ感じになりませんか?

でも、乾かすととても軽くてサラサラしませんか?

そう!!

子供の髪こそが疎水性の髪です!!

 
髪の毛は、元々水をはじくもの!!
 
それが、カラーやパーマや矯正なんか色々で、
 
髪は傷んでゆき 
ダメージホールといい髪内部に穴が空き
 
髪とって重要なものが流失し…
 
 
水に馴染みやすく又は
水を吸い込みやすい性質に変化する
 
 
 
本来の髪の性質やバランスが崩れ
 
パサつきやおさまりが悪く感じるわけです!
 
 
 
 
『なんで簡単に考えて、
 
傷んで親水性になった髪の穴埋めをし
 
疎水化すればいいじゃん!!』って考えです!!
 
 
 
その方法としては、ハナヘナ(タンニン)や
 
樹脂なんかでインナーの補強!
 
ダメージホールの穴埋めとで
 
疎水化することができます!!


従来のトリートメント施術との違いは
 
過剰な皮膜をしなくてもいいこと!!
 
 
 
仕上がりはサラっと軽い仕上がり^^
 
疎水化トリートメントのデメリットも書いときます。
 
はっきり言って「わかりにくい!」ところ…
 

 
被膜トリートメントのように
 
一度の施術で手触りがよくなったり
 
ツルピカにはなりません(笑)
 
 
髪の状態にもよりますが、
 
繰り返すことで、徐々に髪密度を高めて強くし、
 
髪本来の状態に近づけるというイメージです!
 

 
でもやりすぎはいかんよ!

効果は半減するだろうし

かえってダメージになる恐れもありますから…
 
髪に入る量なんてしれてます!!
 
 
定期的なグレーカラーと
 
矯正でダメージもそこそこです!

見た目ではほとんどわかんないでしょ!?
 
でも、お客さんは !! 「いつもと違う感じがする^0^/」
 
って喜んでました^^
 
 
 
髪が乾きにくと思ったら、危険サインです!?
 
 
*アメブロ掲載中!! 
 
(その他、トリートメント記事をアメブロでも紹介しています)