最新情報

2014-09-04 23:00:00
今回のお悩みさん!!ブログからの新規ご来店です。

ご予約のお電話の際、『矯正』での御予約を承ったので、
少し髪の状態をおききしたのですが…


『矯正を定期的にかけていて…』

『デジタルパーマをすすめられかけたら、
 
ジリジリでになってしまったんです…』(汗)

『毛先はクタクタです…』(…汗)
 
なんかやばそう…^^;

新規の方は、なんだかの訳ありが多い気がします…


とりあえず髪を見ることにし、一度ご来店していただくことになりました。

…!?想像していたよりも酷くないように見えます。
 
とてもじゃないけど
 
そのままでは、とてもいられない状態みたいで
 
アイロンやコテなどで綺麗に誤魔化していたみたい…
 
油断や安易な判断は、命取りになりかねませんので
 
ちょっとづつ拝見していきます。
 
まず触るととっても硬いです…(汗)
 
水で濡らすと毛先から20cmはクタクタトロっとしてます…(汗×2)
 
シャンプー後、確認のため乾かすと…
 
完全にビビッてます!!

闇雲に薬剤選定したら
 
オーバースペックで確実に髪は溶けると思う…(苦笑)



カウンセリングで、
安全で一番の解決策は
 
リタッチ矯正しビビリ部分はカットがベストだ!って

伝えたんですが、
 
どうしても長さを短くすることは出来ないみたいなの…


何度かカットすすめたんだけど、切れないみたいなの…

だからリスクを覚悟でビビリ修繕することに…


薬剤を使う施術は、
 
特に矯正は薬剤+高熱処理しますので、
 
他の施術と比べると
 
普通に施術しても髪に与える負担は大きいから
 
ある程度の知識や経験が、必要だと自分は思います。


なのでビビリ毛を修繕するということは、
 
ダメージをおった髪に、さらに負担をかけるということ!

しかもビビリ毛を作ってしまったぐらいの力を加えるの!!


本当にハイリスクだから
出来るのであれば
やらないほうがいい…


また、
 
ビビリ毛になってしまった新規の方は、
 
その原因が様々で複雑で
 
明確な施術履歴がなかなかよめませんから、
 
さらに難解問題なの…


 
ストランドテストを行い、自分なりの基準値をつくり、
 
全体のバランスを決めていく。


目で見て確かめながら
 
指先の感覚を信じて、どうしても毛先は矯正の連用と
 
毎日のアイロンによる熱で硬さが若干残ってるが
 
なんとか来店時よりは、誤魔化せたかな…グッド!目DASH!

ある程度誤魔化せても
 
髪のダメージは確実にプラスされていますから、

今後の乾かしや、ケアがとっても大事ですからね!

今後はハナヘナでの髪の穴埋めで少しずつ補強していきましょう!
 
(アメブロでも記事を紹介しています!!)