最新情報

2014-04-26 17:49:00
ドラックストアーなどで市販カラー剤売っているのは知っていましたがパーマ剤も販売してるみたいでちょっと驚き!!
 
 
その市販パーマ剤使ってどうにかなっちゃったみたい!っというお客様のご来店です。
 
触るとゴワゴワガシガシで、指通りません…(汗)
セルフカラーなら、まだしも…
セルフパーマは事故になる確率が格段にあがってしまうのです。
 
パーマ剤の中には髪内部の、ある一つの結合を緩める還元剤というものが入っており
還元剤で結合を緩ますことで髪がよりクタっとなります。
パーマをかけるにはなくてはならないものなのですが、髪にとっては結構な負担になります。
また一剤の薬の強さや置いた時間、一剤がしっかり流しきれていなかったり
緩めた結合を元に戻すために使う二剤(固定液)の量が少なかったり処理があまいと
 
手触りは悪くなり髪がボロボロな状態になります。
このように注意しなければいけないポイントが多くあるため、事故になる確率が高まるのです!セルフカラーはまだ安心ってことはまったくもってありませんからね!?
 
 
時間多く置いたり、回数重ねれば同じことですから!
また髪内部に薬剤残留しちちゃってれば、日に日にダメージ進行します!
 
 
 
話を聞くと、「説明書通り時間や工程も守ったのにこうなったの!?どうして??」って言われてまして…
 
市販で販売しているものの多くがダメージ毛対応でないということです!
 
だから少しでもダメージしている状態ですと薬の浸透も健康毛に比べ早くなってしまい
その髪のキャパシティーをこえてしまったのです。
 
 
 
 
 こんな状態になってしまいましたが、唯一の救いが熱処理をしなかったことです^^
 
 
 
 
髪の余力も微量ですが感じますので、なんとかしたいと思います!
 
 写真をクリック!!ブログでアフターの写真が確認出来ます!!