最新情報

2018-02-04 22:48:00
美容室に行くとよく言われる
「洗髪後はドライヤーでしっかり乾かしてくださいね!!!」と…
 
 
なぜだかご存知ですか????
 

 

 

 

 

 

 
 
理由は、
髪のまとまりがよくなる事と、
傷みも軽減できるからビックリビックリビックリです
 
 
 
 
 
 
髪が濡れると髪は膨潤し、
キューティクルという表面にうろこ状になったものが開き、
その部分からインナー脂質やタンパク質が外へ流出してしますので、
結果ダメージの進行になってしまいます。
 
 

 

 

 

 
そのことから、
濡れてている時間が長いと、
髪内部にある大事なものが外へ流れ出てしまう他、
濡れている髪はとてもデリケート状態なので、
物理的なダメージも受けやすくなり、
シールドの役目を果たすキューティクルも剥がれやすくなってしまいます。
 
 
 
また、
自然乾燥後にコテなどを使いセットしても
スタイルは長く持たなくなります…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お客さんがバッサリ切った髪があったので、
ドライヤーを使ってドライ自然乾燥の比較をやってみました
 
(ただ手作り毛束になりますので毛束の量の多少の誤差などはお許しを…^^;)
 
 
 
 
 
 
洗髪し自然乾燥が左
ドライヤーを使って乾かしたのが右になります。
 
 

 

 

 

 
1回シャンプードライをした状態
 
 

 

 

 

 
 
5回シャンプードライを繰り返した状態
 
 
 

 

 

 

 
10回シャンプードライを繰り返した状態
 
 
 

 

 

 

 
15回シャンプードライを繰り返した状態

 
 
 
 
 
 
 
 
自然乾燥の方は髪のまとまりも悪く硬さ厚みも出て
触るとゴワゴワで水をかけるとガビガビで指が通りません…

 

 

 

 

 
水分の蒸発と共に脂質も流出しているため、
質感低下していることがわかります
 
 
 
この状態でカラーやパーマをかけたって、
クオリティーの高いデザインは難しいし、
自然乾燥は髪にとってコンディションや操作性も悪くなり、
いいことがないことがわかります^^;
 
 
 
 
ドライヤーの熱で乾燥しすぎるのでは??と思われますが、
ガンガンと過剰にブローしない限りは普通に乾かす分には、
適度な水分を残しながらキューティクルという蓋をしめることが出来ますので、
手触りがよくなる他髪が柔らかく感じますよ!!
 
 
実際ドライヤーで乾燥した方は、
はじめの段階と比べても質感にそれほど違いは感じません
 
 
 
 
美容師がうるさく言う「完全ドライ」は、
一番のホームケアになるからです
 
 
 
 
長期間の作業だったので、
参考にしていただけるとうれしいです。。。。
 
 
ではでは