最新情報

2017-01-11 22:24:00
ネット上でも話題を集めている某カラー剤ビックリ

 

 

 

一本で透明感のあるカラーが再現できる!!!
 
指通りもよくダメージが少ない!!!!

 

みたいな…^^
 

 

 
誰が塗っても失敗が少なく、
 
一本で何役もこなすオールインワンカラー剤は
 
確かに魅力的な印象ですよね…^^;
 
 
 
オールインワンカラー剤とは…
 
 
透明感あるカラーの仕上がりにするには、
 
アンダー(ベース)を明るくする必要があります。
 
111.2.jpg
 
 
明るくすればするほど赤味オレンジ味が消えるため、
 
髪の中が透けた印象にかわり、
 
ベースを明るくすればするほど次に入れる色が、
 
よりクリアに発色されます。
 

 

 

 

 

 

 

どのカラー剤もブリーチで抜き色味を入れる。
 
この二つの工程を同時にしていく仕組みですが、
 
ワンタッチカラーで透明感を出すには限界があると思うのです…^^;
 

 

 

 

 
ブリーチ成分を強くすればその後髪に残る色味は、
 
不安定になるため残る色素は薄くなります。
 
また、ベースを出来るだけクリアな状態にちかずけるため、

 

アンダーを削るということは、
 
高アルカリでブリーチ力も強いということになるから、
 
確実に髪は傷んでいることがいえます!!!
 
 
 
 
 
 
 
先日他店で噂のオールインワンカラーをして、
 
2ヶ月ほど経った様子↓
 
 
 
毛先より根本付近の方が明るいことがわかると思います。 

 

 
最初は良くて時間が経過すると、
 
ベースになってる明るさがこうやって、
 
浮き彫りになってくるのですよねあせるあせるあせるポーン
 

 111.1.jpg

 

 
つまり、
 
透明感を作っている正体は、
 
アンダーをしっかり削る強いブリーチ力!?
 
ということになりますよね指差し
 
 

 

なので、

 

後処理が適切に出来ていないと、

 

時間とともにダメージ度合いが大きく現れます。

 

 
 
手触りがいいというのも、
 
色々な添加剤の影響でわかりずらくしていますし、
 
発色がいいから手触りがいいからと繰り返しつづければ、
 
当然パサつきや硬さが出て、
 
色褪せが早いと髪の劣化を感じるようになると思います(Θ_Θ)ビックリ
 
 
ここまで書くと、
 
このカラー剤が悪いように聞こえてしまいそうですが、
 
オールインワンカラー剤が悪いわけではなくて、
 
魅力あるネーミングや謳い文句に、
 
あまり踊らされないように注意してくださいびっくりマーク
 
ということです指差し
 

 

そんな

 

 

魔法のようなカラー剤なんてありませんので…(;´Д`)

 

 
 
使う人(美容師)が使用する薬をしっかり理解したうえで、
 
使わないと結果、
 
ただのデメリットで終わってしまったり、
 
逆にしっかり把握して上手くコントロールできれば、
 
デメリットもデメリットでなくなると思うのですキャーbell
 
カラー剤に限らずなんにしても、
 
美容師の考え、
 
やり方次第で大きく変わるというこになりますので、
 
担当者選びは慎重にならないとねseiグッド!