最新情報

2016-03-29 11:28:00
髪が細くてケミカルダメージに敏感な髪質。
 
湿度によってモワっと髪が盛り上がり
毛羽立ってくるクセ毛。
 



 





 
以前までは恐らく、
 
髪に合っていないお薬(還元剤の種類やPH調整)で施術していたと思われ、
 
毛先の劣化が目立ちます。
 
ダメージの要因は薬剤だけではないですが、
 
それでもケミカルダメージは髪への負担は大きいもの


 
 
矯正にしろカラーやパーマでも、
 
やった分だけ髪には必ず負担をかけてしまいます。


 
 
ただ、
 
髪に対しての薬剤の種類による特性や性質、
 
PHをコントロールし上手く使いこなせれば、
 
限られた
髪の余力を少しでも多く保つことが出来ると思うのです。
 
実際のところ、


髪の中を見れないからどれくらい軽減できたかは、
 
なんともいえませんけどね…^^;
 


 
 
 
今回はチオグリセリン+GMTの調整で、
PHは中性領域。
 
出来る限り負担を軽減できるようリタッチ矯正しました。











 
 
 
矯正に限らずカラーやパーマといった髪への負担軽減は、
 
美容師にとっても大きな課題の一つです。
 
 
 
 
やっと目標の長さになったとしても、
 
ボロボロでは悲しいですからね^^;
 
 
 
 
今後はできるだけ負担軽減しながら、
 
髪を伸ばしていきましょうね(´0ノ`*)
 
 
 
 
ではでは( ̄ー ̄)