最新情報

2015-11-14 23:53:00
パーマやカラー・縮毛矯正などなど…
 
 
髪への負担がゼロなものはないけれど、
 
出来る限り負担を最小限に抑えられないかと常に考えてしまう。
 
 
 
 
 
次にパーマやカラーなどを施したいとき髪の余力がないと出来ない…
 
何もかもフルパワーで望めば
 
月日が経過したときの、
 
髪の劣化状態は激しくなりますからね^^;
 
 
 
極細毛で定期的なカラー。
 
特に顔周りや襟足のデリケートゾーンは細心の注意が必要です。
 
 
 
薬剤が走らないように中性領域で、
 
S1・S2の還元バランスも考え、
 
髪質に合わせて還元濃度も設定し、
 
還元があまいと感じたら、
 
水分バランスを整えてドライとアイロンで微調整。


還元・膨潤・熱・脱水偏った施術にはらず、
 
髪への負担は少なくできたかと思います^^;
 
 
次のヘアスタイルに繋がるように
 
バランスが大事だと思います^^