最新情報

2015-11-05 23:58:00
全体にクセがある方もいれば、
 
襟足・もみあげ・前髪などポイントでクセがあり悩んでいる方、
 
案外多いと思います^^;
 
 
顔周りの髪は細くてデリケートな箇所になりますから、
 
薬やテンション具合・アイロン温度などのバランスを、
 
注意しないと大惨事を引き起こしてしまうケースがあります…
 

 

実際ビリビリになってしまった方の多くが、
 
こういったデリケートゾーンでの
 
薬剤によるオーバースペック!!!
 
 
同じ頭でも場所によって
 
場所によってクセの種類や強さ、
 
髪の太さもそれぞれ違いますから、
 
くせの強い部分にあわせた薬でデリケートゾーンに塗布すれば、
 
薬も強く浸透も早いため、
 
オーバースペックになってしまう…
 
 
これらを回避するには髪に応じた塗りわけが大事です!
 
自分も大体一種類ではなく
 
2~3種の薬で塗り分けをしています。

 

その後のアイロンもとても重要になりますが、
 
やはり髪に対しての薬のバランスのずれ大きいと、
 
その後の施術もいい結果にはならないです。
 
 
例えなんとかなったとしても、
 
細くデリケート部分への負担は多きため
 
時間とともに髪の劣化度合いが激しいと思いますよ!
 
 
デリケート部分にはしっかりアプローチしつつも、
 
細心の注意が必要だと思います^^